腰痛を考える

2017年10月27日

こんにちは!

院長の木島です!!

日本人の多くが抱える悩みとして、腰痛があります。

ごくまれに腰痛も肩こりもないなんて羨ましい方がいらっしゃいますが

今日はそんな多くの方が悩みの腰痛について書いていきたいと思います。

 

 

腰は体の真ん中にあり、かかる負担も運動量も体の中でトップクラスです。

負担が多ければ当然、疲労がたまるので疲労からの腰痛もあり、姿勢不良からの腰痛だったり

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎分離症、交通事故の後遺症、挙げればキリがないのですが

 

一番多い、腰痛の原因はご存知ですか?

 

まさかの「原因不明」です。

 

 

腰痛の6割以上は原因不明だったり画像所見上の異常は見当たらないという腰痛を患う方にとってなんとも歯痒い結果なのです。

 

しかし、前向きなとらえ方をすれば、組織が破たんしていないことが証明されているのです!!

組織が破たんっしてしまっている場合はそれこそ、手術などの対象になることもあります。

 

そこで、異常をきたしていてもレントゲンにも映らない、MRIでもわからない。

それでも人体に悪影響を及ぼしているものを考えます。

 

それは

筋膜。

 

さらに、筋硬結です。

 

(コリ)ともいわれたりするこのお二方は、運動量の低下や柔軟性の低下をもたらし

自分たちは動けないからと他の筋たちに仕事を押し付け迷惑をかけ、結果的に頑張った組織が

痛みを起こすのです。

 

一時期ほどではないですが、最近テレビなどで筋膜と言う言葉を聞く機会が多くなったような気がします。

私も大好きです、筋膜に対しての治療。

 

腰回りの筋はかばう側に回ることがとても多いため常に負担を強いられています。

その結果、負担過多によって痛みが起こるのです。

 

察しの良い方は気づいたかもしれませんが、痛みが出ている場所がすべて悪いわけじゃないんです!

 

硬結などがある筋をかばった結果、無理した部位に痛みが出ているのですから。

これを意識して治療やマッサージをすればより高い効果が期待できますよ!

変形などもなく、原因がわからないとか、ヘルニアなりかけとか曖昧なことを言われ

悩んでいる方は、筋膜を疑ってみると良いと思います。

 

身体の歪みや骨盤のズレはそのあとでも大丈夫です、まずは体に負担をかけている

筋を的確に見つけ、その筋へのアプローチをするべきだとまるだいは考えています!!

 

本当の原因を見つけ出し根本治療をと謳う治療院がとても多い中、当院の根本治療は

まずは原因筋を探すところから始めます。

 

一人でも多くの方の痛みがない生活が当たり前になりますようにと願い、今夜も床に就きます。

 

おやすみなさいませ。

まるだい鍼灸整骨院ホームページ

https://maru-d.com/ 0475-36-3639

 

次回予告

腰の痛みの原因になる動きや、筋硬結ってどこなんだい!?

その疑問、語らせて頂きます。

 

HPブログにまた1ページ・・・

 

To be continue・・・